|  HOME  |  金属材料選択の手引き1  |  金属材料選択の手引き2  |  プラスチック材料選択  |  特注・受注生産品サンプル  |  用語解説  | 

/ら/

用 語 解 説 参 考
 離型剤  型にプラスチックなどを流し込み、成型品を作る場合に、型に材料がくっつかない
 ようにするために塗る油の一種。
 表面に物質が付きにくくする性質が強いため、成型品を塗装する場合は、
 塗装前に離型剤を落とす必要があります。
 連続鋳造法  溶けた金属材料を連続的に鋳型に注ぎ続けて、鋳型内で急速冷却する鋳造方法。
 従来の方法から造塊と分塊の工程を省略できるので歩留まりと生産性が向上し、
 コストも低下するなど、大量生産に向く。
 当店製品の青銅インゴット・鋳鉄インゴットが連続鋳造品(連鋳品)です。
 ロストワックス  ろう(ワックス)を原型に使う精密鋳造法。
 模型の制作が容易なので複雑形状品や硬くてもろい合金の成形に使われる。
 通常、金型を用いてワックスモデルを作製し、湯道にツリー状に取り付ける。
 その後、耐火物系粉末を周囲にコーティングしワックスを溶かしだして耐火物系
 粉末を焼き固めて鋳型とする。
 溶湯が凝固すると、鋳型を壊して製品を取り出します。
 義歯の製作や、指輪の製作など多方面で利用されている鋳造方法です。
 ロックウェル硬さ  材料表面に鋼球の圧子を押し込んだ時にできるくぼみの深さから算出する硬さの
 指標。材料表面に、規定の直径の圧子のよって基準荷重を加えた時にできる
 くぼみの深さを基準値とする。