|  HOME  |  金属材料選択の手引き1  |  金属材料選択の手引き2  |  プラスチック材料選択  |  特注・受注生産品サンプル  |  用語解説  | 

/さ/

用 語 解 説 参 考
  
 サーメット  セラミックとメタルの合成語で、超硬合金と違い、セラミックを成分に含む焼結合金。
 硬度が高く、構成刃先が発生しにくい為、高速重切削や高周速仕上げ切削加工など
 に適する。
 開発当初は衝撃に弱かったため断続切削に用いると欠損が生じやすかったですが、
 最近は、改善が進み耐衝撃性も向上したので、フライスなどの断続切削などにも
 問題なく使えるようになりました。
 再結晶   金属を常温で曲げ加工すると、金属組織に歪み(ひずみ)が生じます。
 この歪みが金属を硬化させます。これを加工硬化といいます。

 加工硬化が進み、歪みの限界になると割れなどを生じ、加工を続けることが不可能に
 なってしまいます。この加工硬化を解消するには金属組織にたまった歪み(ストレス)
 を解消することにより、金属本来の柔軟性が回復させることが出来ます。
 歪み解消によって金属組織が規則正しい組織に戻ることを再結晶といい、
 この再結晶に必要な熱処理の温度を再結晶温度といいます。

 再結晶温度は材質ごとに違い、また加工度が大きいほど再結晶温度は低く、
 加工度の小さい物ほど再結晶温度が高くなる傾向があります。


 ※鉛・錫・亜鉛などは常温以下が再結晶温度なので、
   常温で加工しても加工硬化しにくい材料です。
 サンドブラスト  圧縮空気と共に、砂またはガラス粒を製品に噴射し、表面を梨地に仕上げる
 表面処理の一種で工業用途から工芸用まで幅広く使われている。
 表面にマスキングを施すことにより、模様を付けたりすることも可能。

 砂・ガラス粒を使わずに、鋼球を使う方法をショットピーニングといいます。
 残留応力  溶接に伴う熱によって、溶接部・溶接部周辺に残る(応力)ストレスのこと。
 溶着金属は、温度が下がることにより固体化しますが、その際の収縮により溶接部
 周辺の金属を引っ張ってしまいます。構造を強固にすることにより歪み(ひずみ)が
 生じるのを防ぐことが出来ますが、材料の許容応力を越えた場合、溶接部に割れ
 が生じてしまいます。

 材料を局部的に高温に加熱する溶接においては、歪みや残留応力の発生を完全に
 防ぐことは不可能ですから、極力、溶接電流を低くするなど熱の発生をなるべく
 少なくし、ストレスの発生を少なく抑える工夫が必要です。


 溶接後、溶接部品を熱処理(焼鈍)することによっても残留応力の除去は可能です。
 時効硬化  アルミ合金の熱処理で起きる現象。
 焼き入れなどの熱処理後、10日〜14日放置しておくだけでも硬化が進みます。
 これを自然時効または常温時効といい、焼き入れ後に再加熱することによって
 おこる時効を人工時効または焼き戻し時効といいます。
 シャルピー衝撃試験  アイゾット衝撃試験と同様の耐衝撃性を計測する方法。
 振り子型になったハンマーで試験片を破断し、破断に要したエネルギーからその
 材料の衝撃値を求める。衝撃値の大きいものほど粘り強さが大きい。
 一般に衝撃値の大きい金属材料は、引張り強さや伸びも大きく、靱性(じんせい)が
 あるといわれる。
 ショア硬さ(Hs)  鋼球を一定の高さから材料表面に落下させはね返った高さから硬さを算出する方法。
 焼き入れ鋼に鋼球を落下させた時のはね返り高さを基準とした相対値で表され、
 全変形量に対する弾性回復量の比率の指標になる。
 浸炭  炭素含有量が0.10〜0.25%のはだ焼鋼で作った製品の表層部に炭素を浸み込ませ
 表面硬度を上げる方法でシャフトや歯車に処理することが多い。
 浸炭したのち、熱処理(焼入れ・焼戻し)をして表面を硬化する。

 浸炭には、木炭やコークスを使った固体浸炭法とメタンガスやプロパンガスを使った
 ガス浸炭法、シアン化合物を使った液体浸炭法がある。
 衝撃強さ  材料に衝撃的な荷重を加えて破壊するときに要したエネルギーの値で表される。
 耐衝撃性および靱性(じんせい)の指標として使われる。
 プラスチックの耐衝撃性の評価には一般的にアイゾット衝撃試験、シャルピー
 衝撃試験、落錘衝撃試験などが用いられ、それぞれ衝撃的な荷重の加え方および
 試験片の大きさ形状などが異なります。
 ショットピーニング  冷間加工の一種。小さな鋼球(ショット)を構造材や機械部品の表面に噴射して、
 表面層に残留圧縮応力を生じさせると共に軽い加工硬化をおこさせ、応力や疲れ
 による破壊強度を増す加工。仕上がりは鋳肌のようなゴツゴツした感じ。
 水素脆性  高炭素鋼や特殊鋼の一部(炭素含有量の多い材質)のものは、酸処理やメッキ工程
 で、浴中で発生する水素を素材中に吸蔵して素材がもろくなる。この現象を水素脆性
 といい、水素脆性を起こした素材は割れやすくなり、バネ材では致命的な欠陥となる
 ので注意が必要である。
 水素吸蔵合金  水素を水素化合物として内部に吸蔵する合金。液体水素と同等以上の密度で水素を
 貯蔵できる。金属水素化合物の形成、分解反応は熱の発生または吸収を伴う
 可逆反応であるため、水素貯蔵合金はエネルギーの変換へも応用されている。
 スケール  金属の表面に生成している酸化被膜(黒錆)を総称してスケールと呼びます。
 鉄鋼の熱処理の際に表面に生じる黒い強固な被膜のことで、熱処理温度570度
 付近を境に、熱処理温度の違いで高温スケールと低温スケールに分けられる。
 一般に高温スケールに比べ、低温スケールの方が除去しにくい。銅・銅合金にも、
 熱処理した物にはスケールが出来る。
 スピニング加工  回転している円板素材または、パイプ素材にローラーなどを押し当て、
 肉厚を変化させたりフランジ部を形成したりする加工法。ヘラ絞りともいう。
 スプリングバック  板金プレス加工において、加工後に材料がわずかに加工前の形状に戻ること。
 スプリングバックの量は、材質・曲げ絞りの加工度合いにより左右され一定ではない。
 青熱ぜい性  鉄鋼は一般に高温になるに従って引張り強さ・弾性限度が低下し、伸び・絞りが増加
 するが、表面が酸化着色する温度の200〜300度付近で引張り強さ・硬さが最大と
 なり、伸びが減少して」もろくなる性質がある。これを青熱ぜい性という。
 析出硬化  ステンレス鋼にチタン・ニオブ・バナジウムなどの炭窒化物を細かく析出させ転移を
 妨害することにより材料を強化する方法。
 ステンレス鋼SUS630・631などが析出硬化形のステンレスで、
 耐食性・耐摩耗性に優れ、高強度で航空機部品などに用いられる。
 赤熱ぜい性  硫黄は製鉄原料及びコークスから混入し、その含有率は0.05%以下が望ましい。
 鋼材に含まれる硫黄が原因で、高温での加工性を悪くし割れなどを生じさせる現象で、
 熱間加工の温度範囲で起こる「ぜい性」を特に赤熱ぜい性という。
 この現象を防ぐには、少量のマンガンを加えることにより解決します。
 セミキルド鋼  キルド鋼とリムド鋼の中間程度に脱酸(ガス抜き)された鋼材。
 主に、厚板や形鋼に利用されます。
 セラミックス  セラミックスは酸化物や窒化物、炭化物、ホウ化物などの非金属系無機材料の総称。
 身近なセラミックスには電柱のガイシやレンガ、衛生陶器などがある。近年工業用途
 として注目されているセラミックスは、成分や組織、製造工程などが高度に制御され
 たエンジニアリング・セラミックスと呼ばれるもの。
 これらのセラミックスは、従来のレンガなどのセラミックスと異なり必要とする性質が
 著しく高く、必要な物理的・機械的性質を備えるように、製造されている。

 原料は粉末が一般的なので、まず部品形状に成形することが必要になります。
 成形された部品を固化させる方法は、焼結法が一般的です。
 セルフタップネジ  通常のネジは、事前に穴開けとタップ加工を行い雌ねじを作りますが、
 セルフタップネジは、穴開けのみでネジ込むことが可能です。

 特徴としては、タップ加工の省略・耐久性に優れる・保持力が高く緩みにくいなど
 小ネジを使う部分においては非常にメリットが大きいです。
 利用できるのは、金属の薄板・プラスチック材など多種多様な物があります。
 塑性変形  金属に外力を加えると変形するが、外力を取り去ると元の形状に戻る変形を
 弾性変形といい、外力を取り去っても変形が残る場合を塑性変形という。
 金属は、塑性変形し易いという性質が大きな特徴で、この性質を利用して、
 板材・棒材・管材などが生産されている。