|  HOME  |  著作権について  |  金属材料選択の手引き1  |  金属材料選択の手引き2  |  プラスチック材料選択  |  用語解説  | 


アルミニウム合金鋳物

種類及び記号

種 類 記 号 合金系 鋳型の区分 合金の特色 用 途 例
鋳物1種A AC1A Al-Cu 金型・砂型 機械的性質が優れ、切削性も良いが鋳造性が良くない。 架線用部品・自転車部品・
航空機用油圧部品・電装品など
鋳物1種B AC1B Al-Cu-Mg 金型・砂型 機械的性質が優れ、切削性も良いが鋳造性が良く
ないので、鋳物の形状によって、溶解・鋳造方案に
注意を要する。
架線用部品・重電気部品・
自転車部品・航空機部品など
鋳物2種A AC2A Al-Cu-Si 金型・砂型 鋳造性が良く、引っ張り強さは高いが、伸びが少ない。一般用として優れている。 マニホールド・デフギヤー・ポンプボディー・
シリンダヘッド・自動車用足回り部品など
鋳物2種B AC2B Al-Cu-Si 金型・砂型 鋳造性が良く、一般用として広く用いられる。 シリンダヘッド・バルブボディー・
クランクケース・クラッチハウジングなど
鋳物3種A AC3A Al-Si 金型・砂型 流動性が優れ、耐食性も良いが、耐力が低い。 ケース類・カバー類・ハウジング類の肉薄、
複雑な形状のもの・カーテンウォールなど
鋳物4種A AC4A Al-Si-Mg 金型・砂型 鋳造性が良く、靭性が優れ、
強度が要求される大型鋳物に用いられる。
マニホールド・ブレーキドラム・
ミッションケース・クランクケース・ギヤボックス・船舶・車両用エンジン部品など
鋳物4種B AC4B Al-Si-Cu 金型・砂型 鋳造性が良く、引っ張り強さは高いが、伸びは少ない。
一般用として広く用いられる。
クランクケース・シリンダヘッド・マニホールド・
航空機用電装品など
鋳物4種C AC4C Al-Si-Mg 金型・砂型 鋳造性が優れ、耐圧性、耐食性も良い。 油圧部品・ミッションケース・フライホイール
ハウジング・航空機部品・小型用エンジン部品・電装品など
鋳物4種CH AC4CH Al-Si-Mg 金型・砂型 鋳造性が優れ、機械的性質も優れている。
高級鋳物に用いられる。
自動車用車輪・架線金具・航空機用エンジン部品及び油圧部品など
鋳物4種D AC4D Al-Si-Cu-Mg 金型・砂型 鋳造性が良く、機械的性質も良い。
耐圧性が要求されるものに用いられる。
水冷シリンダヘッド・クランクケース・シリンダブロック・燃料ポンプボディー・ブロワハウジング・
航空機用油圧部品及び電装品など
鋳物5種A AC5A Al-Cu-Ni-Mg 金型・砂型 高温での引っ張り強さが高い。鋳造性は良くない。 空冷シリンダヘッド・ディーゼル機関用ピストン・航空機用エンジン部品など
鋳物7種A AC7A Al-Mg 金型・砂型 耐食性が優れ、靭性が良く、陽極酸化性が良い。
鋳造性は良くない。
架線金具・船舶部品・彫刻素材建築用金具・
事務機器・いす・航空機用電装品など
鋳物8種A AC8A Al-Si-Cu-Ni-Mg 金型 耐熱性が優れ、耐摩耗性もよく、熱膨張係数が小さい。引っ張り強さも高い。 自動車・ディーゼル機関用ピストン・
船舶用ピストン・プーリー・軸受けなど
鋳物8種B AC8B Al-Si-Cu-Ni-Mg 金型 同上 自動車用ピストン・プーリー・軸受けなど
鋳物8種C AC8C Al-Si-Cu-Mg 金型 同上 自動車用ピストン・プーリー・軸受けなど
鋳物9種A AC9A Al-Si-Cu-Ni-Mg 金型 耐熱性が優れ、熱膨張係数が小さい。
耐摩耗性が良いが鋳造性や切削性は良くない。
ピストン(空冷2サイクル用)など
鋳物9種B AC9B Al-Si-Cu-Ni-Mg 金型 同上 ピストン(ディーゼル機関用、水冷2サイクル用)、空冷シリンダなど

機械的性質

種類 質別 記号 引張強さ 伸び ブリネル硬さ 備考
鋳物1種A 鋳造のまま AC1A−F 130以上 - 約50 砂型試験片
溶体化処理 AC1A−T4 180以上 3以上 約70
溶体化処理後時効硬化処理 AC1A−T6 210以上 2以上 約80
鋳物1種B 鋳造のまま AC1B−F 150以上 1以上 約75
溶体化処理 AC1B−T4 250以上 4以上 約85
溶体化処理後時効硬化処理 AC1B−T6 270以上 3以上 約90
鋳物2種A 鋳造のまま AC2A−F 150以上 - 約70
溶体化処理後時効硬化処理 AC2A−T6 230以上 - 約90
鋳物2種B 鋳造のまま AC2B−F 130以上 - 約60
溶体化処理後時効硬化処理 AC2B−T6 190以上 - 約80
鋳物3種A 鋳造のまま AC3A−F 140以上 2以上 約45
鋳物4種A 鋳造のまま AC4A−F 130以上 - 約45
溶体化処理後時効硬化処理 AC4A−T6 220以上 - 約80
鋳物4種B 鋳造のまま AC4B−F 140以上 - 約80
溶体化処理後時効硬化処理 AC4B−T6 210以上 - 約100
鋳物4種C 鋳造のまま AC4C−F 130以上 - 約50
時効硬化処理 AC4C−T5 140以上 - 約60
溶体化処理後時効硬化処理 AC4C−T6 200以上 2以上 約75
溶体化処理後時効硬化処理 AC4C−T61 220以上 1以上 約80
鋳物4種CH 鋳造のまま AC4CH−F 140以上 2以上 約50
時効硬化処理 AC4CH−T5 150以上 2以上 約60
溶体化処理後時効硬化処理 AC4CH−T6 220以上 3以上 約75
溶体化処理後時効硬化処理 AC4CH−T61 240以上 1以上 約80
鋳物4種D 鋳造のまま AC4D−F 130以上 - 約60
時効硬化処理 AC4D−T5 170以上 - 約65
溶体化処理後時効硬化処理 AC4D−T6 230以上 1以上 約80
鋳物5種A 焼なまし AC5A−O 130以上 - 約65
溶体化処理後時効硬化処理 AC5A−T6 210以上 - 約90
鋳物7種A 鋳造のまま AC7A−F 140以上 - 約50
鋳物8種A 鋳造のまま AC8A−F 170以上 - - 金型試験片
時効硬化処理 AC8A−T5 190以上 - -
溶体化処理後時効硬化処理 AC8A−T6 270以上 - -
鋳物8種B 鋳造のまま AC8B−F 170以上 - -
時効硬化処理 AC8B−T5 180以上 - -
溶体化処理後時効硬化処理 AC8B−T6 270以上 - -
鋳物8種C 鋳造のまま AC8C−F 170以上 - -
時効硬化処理 AC8C−T5 180以上 - -
溶体化処理後時効硬化処理 AC8C−T6 270以上 - -
鋳物9種A 時効硬化処理 AC9A−T5 150以上 - -
溶体化処理後時効硬化処理 AC9A−T6 190以上 - -
溶体化処理後時効硬化処理 AC9A−T7 170以上 - -
鋳物9種B 時効硬化処理 AC9B−T5 170以上 - -
溶体化処理後時効硬化処理 AC9B−T6 270以上 - -
溶体化処理後時効硬化処理 AC9B−T7 200以上 - -



ホワイトメタル

種類及び記号

種類 記号 適用
ホワイトメタル1種 WJ1 高速高荷重軸受け用
ホワイトメタル2種 WJ2
ホワイトメタル2種B WJ2B
ホワイトメタル3種 WJ3 高速中荷重軸受け用
ホワイトメタル4種 WJ4 中速中荷重軸受け用
ホワイトメタル5種 WJ5
ホワイトメタル6種 WJ6 高速小荷重軸受け用
ホワイトメタル7種 WJ7 中速中荷重軸受け用
ホワイトメタル8種 WJ8
ホワイトメタル9種 WJ9 中速小荷重軸受け用
ホワイトメタル10種 WJ10

化学成分

種 類 記 号 Sn Sb Cu Pb Zn As
ホワイトメタル1種 WJ1 残部 5〜7 3〜5 - - -
ホワイトメタル2種 WJ2 残部 8〜10 5〜6 - - -
ホワイトメタル2種B WJ2B 残部 7.5〜9.5 7.5〜8.5 - - -
ホワイトメタル3種 WJ3 残部 11〜12 4〜5 0〜3 - -
ホワイトメタル4種 WJ4 残部 11〜13 3〜5 13〜15 - -
ホワイトメタル5種 WJ5 残部 - 2〜3 - 28〜29 -
ホワイトメタル6種 WJ6 44〜46 11〜13 1〜3 残部 - -
ホワイトメタル7種 WJ7 11〜13 13〜15 0〜1 残部 - -
ホワイトメタル8種 WJ8 6〜8 16〜18 0〜1 残部 - -
ホワイトメタル9種 WJ9 5〜7 9〜11 - 残部 - -
ホワイトメタル10種 WJ10 0.8〜1.2 14〜15.5 0.1〜0.5 残部 - 0.75〜1.25





硬鉛鋳物

種類・記号・機械的性質・化学成分

種類 記号 Pb Sb Cu Sn Bi
及び不純物
引張強さ 伸び 硬さ(HB)
8種 HPbC8 残部 7.5〜9.5 0.20以下 0.50以下 0.10以下 49以上 20以上 14.0以上
10種 HPbC10 残部 9.5〜10.5 0.20以下 0.50以下 0.10以下 50以上 19以上 14.5以上




青銅鋳物

種類及び記号

種類 鋳造法の区分 記号 合金の特色 用途例
1種 砂型鋳造など BC1 湯流れ、被削性が良い バルブ・注水機・軸受・
銘板・一般機械部品など
1種C 連続鋳造 BC1C
2種 砂型鋳造など BC2 耐圧性、耐摩耗性、耐食性が良く、かつ機械的強度が良い 軸受・スリーブ・ブシュ・ポンプ胴体・
羽根車・バルブ・歯車・船用丸窓・
電動機機部品・一般機械部品など
2種C 連続鋳造 BC2C
3種 砂型鋳造など BC3 耐食性が2種よりもやや良い 軸受・スリーブ・ブシュ・ポンプ胴体・
羽根車・バルブ・歯車・船用丸窓・
電動機機部品・一般機械部品など
3種C 連続鋳造 BC3C
6種 砂型鋳造など BC4 耐圧性、耐摩耗性、被削性、鋳造性が良い バルブ・ポンプ胴体・羽根車・給水栓・
軸受・スリーブ・ブシュ・一般機械部品など
6種C 連続鋳造 BC4C
7種 砂型鋳造など BC5 機械的性質が6種よりやや良い 軸受・小型ポンプ部品・
バルブ・燃料ポンプ・一般機械部品など
7種C 連続鋳造 BC5C


化学成分

種類 記号 Cu Sn Zn Pb Ni Fe Sb Al Si
1種 BC1 79〜83 2〜4 8〜12 3〜7 (1.0以下) (0.35以下) (0.05以下) (0.2以下) (0.01以下) (0.01以下)
1種C BC1C (0.5以下)
2種 BC2 86〜90 7〜9 3〜5 1.0以下 (1.0以下) (0.2以下) (0.05以下) (0.2以下) (0.01以下) (0.01以下)
2種C BC2C (0.5以下)
3種 BC3 86.5〜89.5 9〜11 1〜3 1.0以下 (1.0以下) (0.2以下) (0.05以下) (0.2以下) (0.01以下) (0.01以下)
3種C BC3C (0.5以下)
6種 BC4 83〜87 4〜6 4〜6 4〜6 (1.0以下) (0.3以下) (0.05以下) (0.2以下) (0.01以下) (0.01以下)
6種C BC4C (0.5以下)
7種 BC5 86〜90 5〜7 3〜5 1〜3 (1.0以下) (0.2以下) (0.05以下) (0.2以下) (0.01以下) (0.01以下)
7種C BC5C (0.5以下)

機械的性質

種類 記号 引張強さ 伸び
1種 BC1 165以上 15以上
1種C BC1C 195以上 15以上
2種 BC2 245以上 20以上
2種C BC2C 275以上 15以上
3種 BC3 245以上 15以上
3種C BC3C 275以上 13以上
6種 BC4 195以上 15以上
6種C BC4C 245以上 15以上
7種 BC5 215以上 18以上
7種C BC5C 255以上 15以上